2008年09月02日

最近の傾向

 久々の更新が告知ばかりになりました。
 もうすこし読み物の性質が強いものも上げたいような。

 随分猫と書物のおはなしをしていないような。
 最早疾うに表題に沿った内容を諦めているような。

 誤解を招かぬように申しますが、猫も書物も相変わらず大好きです。
 愛情を胸に秘めることを覚えただけなのです。
posted by にくす at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

嘘の自己紹介

 「ネット上人格を書くということ」(「煩悩是道場」さん)

 上の記事を読んで。
 文章だけの自己紹介なら、何をどうとでも書くことができます。そして、それが本当であるかどうかを確かめる方法も必要もありません。
 なのでネット上で自己紹介をするのは確かに無意味な行為だと思います。

 ですがそれが、オフ会を頻繁に開くサイト上の自己紹介なら。
 つまり、実際に会う可能性がある相手への自己紹介なら。
 はじめて会ったときに
「そういえばネットに『趣味は盆栽』って書かれてましたねー、実は私も盆栽好きで」
「そうなんですかー」
 とか、そういう会話の糸口として使えるのではないかと思うのです。

 現在管理しているサークルのメーリングリストでは、「登録の際に自己紹介をしてください」とお願いをしています。
 ネット上での自己紹介には意味がないかもしれません。
 嘘を書くのは容易な事かもしれません。

 だけれど巧妙な嘘を書ける人の方が、文章を書こうとしない人よりもはるかに言葉が通じる相手のように思うのです。
 何も書かないというのは、相手に何も伝えようとしないということですから。
 悪意はなくとも相手に対しての気遣いがない、下手をしたら相手の存在さえ意識していない人なのですから。
 そういう人は時として、明確な悪意を持っている人よりも性質が悪いように思うのです。

 ついでに言うと、文章からある程度その人の性格を読み取ることは可能だと思います。
 主語の使い方や言い回し、顔文字や記号の有無、挨拶のしかた、文章の長さ。
 そういったものからなんとなく読みとれる情報というのはあるのです。
 そして最低限の挨拶さえないメールを送ってくる人というのは、経験上かなり高い確率で「困った人」なのです。

 上の記事で取り上げられているのは「ネット上の書き手が、ブログ上で自己紹介する場合」なので、私の話とは大分状況が違うのですが。
 知らない人とはじめてメールでのやりとりをする場合に関してはやっぱりある程度の自己紹介は必要なのではないか、と思います。
 例えば「住所は月です。職業は餅つき」という自己紹介がある人と、全く何も書いていない人からメールが来たら、私は前者の方がまだ安心できる相手だと判断します。
 
 必ずしも「自己紹介がある」=「この人は信用できる」とはいえないかもしれません。
 しかし「挨拶、自己紹介がない」=「この人は相手に対する気遣いが出来ない」というのは結構確実な情報だと思うのです。
posted by にくす at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

サイトの一周年

 サイトの公開をはじめて、今日で丁度一年が経ちました。
 あの頃から少しは何かが変わったかしら、と古い雑記を読み返してみたりしました。

 感想。
 あんまり成長していません。

 そして、それなのに過去の雑記を読み返すととても恥ずかしいです。
 恥ずかしいのは己の未熟さが目に付くためで、してみると恥ずかしく感じる分だけ自分は成長しているということなのかもしれないので、それは喜ぶべきことなのかもしれないのですがしかしやはり恥ずかしいです。

 人目につくところに自分の創作物を置くというのは、とても恥ずかしいことだなあと改めて感じました。
 もっとも、それを言うなら人と話すのも恥ずかしいことですし、人に会うのも恥ずかしいことですし、ここに存在すること自体も恥ずかしいことなのですが。
 自分が完璧な存在でない以上、この恥ずかしさは避けて通れないことであろうと思います。
 恥ずかしさを感じないのは自我がない生き物か、そうでなければ神様くらいだと思います。きっとそうです。

 ともあれ、今後も恥じらいながら更新を続けていきたい所存です。
posted by にくす at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

諸々変更の通知

 こちらについてのお知らせ。
 インラインフレームを諦め、複数のフレーム分割による構成に変更しました。
 こっちの方が読みやすいかな、と思っての変更なのですがいかがでしょう。

問題:サイトの訪問者よりblogを直接閲覧する人の方が圧倒的に多く、更に別にサイトを置かなくてもblogのメニューにあれこれ追加すれば充分目的は果たせるのに何故こんな構成にしているのですか
回答:無駄なことは決して嫌いではないから

 あと、blog二つとサイトで使用している名前を「凩」から「にくす」に変えました。
「凩」は幼馴染さん用に作ったHNだったのですが、最近は閲覧者が幼馴染さんだけではなくなってきまして。それならば他所で使っている名前と統合した方がやりやすいなあ、と考えたのが一因です。
 あまり名前を増やすのはよいことではありません。自分を見失う原因になります。
 加えて名前というのは使っている時期が長ければ長いほど変えにくくなるもので、なんだかもう今の時期を逸するとどんどん変えづらくなっていく気がしましたので、サイト構成変更を機に改名に踏み切りました。
 古い記事の中には名前が変更されていないものもあるかと思いますが、あまり気にしないでいただければ幸いです。

 以上、サイトのほうでは既に告知済みの内容ですが、こちらでも一応お知らせでした。

問題:ところでにくすって何ですか
回答:由来を語ると長い割に面白くないお話ですので、各人の妄想にお任せします
posted by にくす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

新年の更新

 あけましておめでとうございます。

 新年を迎えたのを期にサイトのほうも少し整頓、トップにこの雑記を置いてみました。
 更新頻度が高い頁を一番に見られるようにしようという目論見です。
 しかしながらこれはこれで「常に玄関開けっ放し、家の中丸見え」といった感じのだらしなさも漂う気がして。

 新年は年越しがてら近所の神社に初詣に行ったら、御餅とお神酒を戴きました。
 年越しとほぼ同時に雪がちらつきはじめ、その幻想的な美しさにうっとりしながら枡酒をかぷかぷ飲んで精進潔斎。
 お神酒と焚き火で身体を温めながらの初詣、中々楽しかったです。

 あと、猫にお年玉としてまたたびをあげたりもしました。
 与えてはみたものの怪しみて多くは食べず。なんと賢い猫なのでしょう。
 その賢明さ、飼い主にも分けてほしいものです。

 私は今年に入って以来ずっと日本酒を飲み続けている気がします。
 節酒を試みていた去年が嘘のよう。
 いや、お正月が明けたら頑張る所存ではおりますが。

 ともあれ楽しみ多き一年となりますように。
posted by にくす at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

作文教育の後遺症

 舞さんから「思い出いろは」の感想を貰いました。
「なんか段々本気の思い出話になってきてるな……いや、別に受けを狙わんでもええんやけど。あれはあれで」
 痛いところを突かれました。

 話は逸れますが。
 何を隠そう、私は読書感想文が得意な子供だったのです。
 それは必ずしも「文章が巧い」という意味ではなく、ただ「一定してある程度高い評価を得られる展開の文章を書くことができる」能力の故でした。
 本の主題に応じて何通りか「求められている感想」の雛型を考え、あとはそれに基づいて文章を書いていけば、自然と「そこそこ上手な感想文」は書き上がります。

 「無難な感想」を例示するとこんな感じです。
・いじめ、差別を主題にした本→「差別(いじめ)をしてしまう人の心は、実はとても弱いのだと思う。自分よりも弱い存在がいないと不安でたまらないから、差別(いじめ)で弱者を作り出し、安心しようとしてしまう」
 (差別をする側を単に糾弾するのではなくその弱さを問題とすることで、ただ「差別は良くないです、やめましょう」というよりも若干奥行きのある文になる)
・太平洋戦争を扱った本→「戦争の無い時代の国に生まれてきたことを心からありがたく思った。どんな理由があれ、人と人が殺しあわなければならないような状態は悲しいし、嫌だ」
 (小、中学生なら下手に政治論を打つより、感情で語った方が素直な印象の文になる)
 で、最後に「これからの自分に繋がる一言」を添えて完成です。
「私は、差別を止められるような強さを持つ事が出来ないとしても、せめて差別に参加しないくらいには自分の心を強く持ちたい。皆がそういう思いを持てば、差別問題も少しは解消するのではないだろうか」
「戦争のない平和な世界を作るために、私にできることはなんなのだろうか」
 という感じで。

 こういう雛型に添っていけば、80点くらいの感想文が出来上がります。
 見ての通り当たり前のことしか書いていないので、書くのも非常に楽な作業です。
 もちろん100点を取ろうと思えば「それ以外の何か」が必要になってくるわけですが。

 で、そういう雛型作文に慣れてしまった結果、気を抜くと
・思い出話→自分の未熟さ、現時点では失われてしまったものへの郷愁を書く
 というようなパターンに陥ってしまうのです。ついつい楽して「ちょっといい話風の何か」を書いてしまうのです。笑いを取りにいくより文章を綺麗に纏める方向性に転んでしまうのです。
 もっと真面目にふざけた話を書こうとは思っているのですが、どうにも力不足の感が否めません。
 「パソコンに煮干しを詰めました」という話の締めが「選んだ進路を後悔はしていませんが」になってしまうあたりに己の限界を感じる訳です。笑い話にしようと思ってもついつい作文的に纏めてしまうのです。これはいけません。

 とりあえずそれらを踏まえて脳内会議を行った結果
・もうちょっと笑いを取れる文を書いてみよう
・無理なら逆にとことんしんみりする内容を追及してみよう
・っていうか舞さん何か書いてよう
 というような結論に至りましたがどうですか幼馴染。また忍者屋敷の話とか書きませんか。私は読みたいです。
posted by にくす at 15:20| Comment(4) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

20の質問

 個人Webサイト文化研究所さんの「本当に訪問者が知りたい20の質問」に答えてみました。
 (私の回答はこちらの「自己紹介」内に設置)

 実の所、「**さんへ100の質問」といった質問集の類の実用性にはかねてより疑問を抱いていたのです。
 100は少し多過ぎないだろうか、と。
 皆さん実の所そこまで人の事を知りたいとは思っていないんじゃないだろうか、ともすれば書き手の自己満足に陥ってしまいがちな形式なのではないだろうか、と。
Q:好きな色は?
A:臙脂
 などという情報は別に必要とされていないような気がするのです。
Q:好きな声優は?
A:中尾隆盛
 というような好みを示されても、読んでいる人だって対処に困るだろうと思うのです。

 しかし、ならどのような情報を示せば適切な自己紹介ができるのかと考えると、これがよく解らないわけで。
 だからといって自己紹介全くなしというのもなんだか不親切な気がします、困りましたよどうしようと思いあぐねている所に上記の質問を見つけ、これ幸いと使わせて戴いた次第。サイトの方には質問内容とその理由が端的に纏められており、非常に使いやすい雛型でした。
 20という数字も丁度良かったように思います。書き手にも読み手にも優しい数で。

 あと、書きながらそういえば自分は「自分がどんな人間か」と深く掘り下げて考えた経験がないのだなと思いました。道理で自己紹介が苦手なわけです。
posted by にくす at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

アクセスの解析

 サイトの方に置いていたカウンタをまた取り替えました。
 今度は忍者システムズ提供の「よろづカウンター」です。

 前の「一番星カウンター」に不満があったわけでは全くなく、現にこちらのBlogでは未だ一番星カウンタを愛用中なのですが、少しだけ表示に時間が掛かるのが以前より気になっていまして。
 何故時間が掛かるのかというと一番星カウンタにはアクセス解析の機能もありまして、思うにそれが重さの原因。
 アクセス解析は非常に便利なのですが、しかしながら当面うちのサイトにアクセス解析の必要はないなという事が判明しましたので機能縮小と共にカウンタも乗り換えることにしました。

 ちなみに、アクセス解析を付けたのは閲覧者の環境(OS、ブラウザ)が解れば動作確認の配慮がしやすいかも、というのがそもそもの動機で。
 しかしながら解析の結果どうも閲覧者のほぼ九割九分が私だということが判明し、だったら別に重い解析を付けてまで閲覧者の環境を調べる必要はないわけで、というかそんな悲しい現実を知った所で得るものはあまりないわけで、寧ろ悲しくなる一方なわけで。
 そんなこんなでアクセス解析、外しました。

 世の中には知らない方が幸せな出来事が沢山ありますよね。
posted by にくす at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

インラインフレームの表示

 えーと、昨日から今朝にかけてあれこれ弄った結果、Netscapeだとインラインフレームがやけにちっちゃく表示されてしまうという問題が起きまして、原因を探ってみたらどうもtableタグの高さを指定したのが原因らしいということに落ち着きました。100%に指定していた文を外すことで解決。
 しかし指定なしだと今度は全画面表示にしたときにちょっと見にくいんですね。うーん。まあ「とりあえず読めればいいか」という形で妥協。
 今にして思えばインラインフレームでなく、複数のフレームを使って画面を分割すればもう少し見やすい形で同様の表示が出来たのかもしれません。
 それ以前に別にサイト作らなくてもBlogだけで充分やりたいことは出来るんじゃなくて?という疑問も浮かんだりもしますがまあいいか。
posted by にくす at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告の表示

 以前忍者サーバーで最下段に表示されるはずの広告が何故か最上段に表示されますよどうしてでしょう、という話を書いたのですが、これまではNetscapeだとどのみち広告が表示されない状態だったので別にいいかなあとほったらかしていたのですが、最近また表示方法が変わったようで再度広告が出てきてしまったのでこれはいけませんと広告対策にのりだしてみることにしました。
 利用している「只今ホームページ」のfaqを確認した所、どうやら「ホームページビルダーのどこでも配置モードを使ってページを作成した」のが原因のようです。
 では対処法は、とみれば「標準モードなどで作成してください」

 一から作り直せと?

 残念ながらそんな根気はありませんので、どこでも配置モードで作成したページの何が原因となっているのかを調べてみました。
 どうやらページ全体をdivタグで囲っているのがよろしくないらしいと察し、それを外して表のセルを足してページを構成しなおしてサイトを転送。
 なんとか広告は最下段に表示されるようになりました。めでたしめでたし。

 で、現在IEでは問題無く表示されているのを確認できたのですが、Netscapeだとインラインフレームの表示がえらいことになっております。弄る過程で何かを間違えたのでしょうが、どこで何がまずいことになったのか、もう皆目見当もついていない状態です。
 これをどうにかしなけりゃならんのですがもう時間も時間ですしいい加減おねむですし改行も句読点も減っていてぼつぼつ限界なので今日はおやすみなさい、そのうちなんとかします。頑張れ明日の私。
posted by にくす at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

三度カウンタの設置など

 ここのところ弄ったのは
・サイトの方のカウンタ付け替え
・二つのBlogの設定をちょこちょこ
 あたりです。

 カウンタに関しては、これまでchiku-net(これを書いている現時点ではアクセス不能)さんのものを借りていたのですが、少し前から正常に表示されない状態が続いていまして。
 だけど付けたばかりでまだ殆ど回っていないものを外してしまうのも忍びなく、がんばれ負けるなchiku-net、まだ三桁にも達していないじゃないかchiku-net、君はやれば出来る子だと思うよchiku-net、と、心中密かに応援し、復活を期待していたのです。
 が、最近はとうとうカウンタを提供されているサイトさんへのアクセスさえ出来ない状態になってしまい。流石にこれはご臨終であろうと判断したため、カウンタを付け替えることに致しました。
 さようならchiku-net、こんにちは一番星。

 Blogの設定に関しては、細かいことを色々と。Seesaaでは文字色とサイズを変更したとか、exciteではデフォルトで表示されるIDを非表示にしたとかサイトへのリンクを修正したとか。(結構しつこくあちこちチェックしているつもりだったのですが、よもやリンクタグを打ち間違えるという凡ミスを犯していたとは。ある方のご指摘のお陰で初めて気付きました……こっそり感謝です)
 文字色とサイズを弄ってみたら、Blogが随分サイトの方のデザインに溶け込んだので少し嬉しい気持ちです。
 「CSSって何の略?」程度の知識しか持たない人間でもここまではどうにか出来た、という意味で感慨もひとしお。実際に行ったCSS編集の手順に関しては、復習も兼ねてちょこちょこここに書いておこうかなとも思っています。
 書いておかないと私が忘れますし。

 ちなみに私がこのような作業を行っている間、サイトの開設提案者の舞さんは何をしていたかというと。
 近々彼氏とグアム旅行の予定のため、鋭意旅行準備中だそうです。

 ……いや、別に悲しくないですよ?
posted by にくす at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

本公開の開始

 コンテンツを増やしたのを機に、サイトの仮公開を終了。本公開をはじめました。
 具体的にはGoogleに登録しました。あと二つあるBlogも公開設定に。
 たったそれだけの変更なのですが、こういうことを一切しないでおくと「アドレスを知っている人にしか見つけられない」サイトのままなわけで。それはそれで秘密基地めいていて素敵ですが、だったらWeb上に公開しなくてもいいのではないかという問題も生じる訳で。
 そんな訳で一応本公開開始です。

 まあ、Googleは登録してすぐ登録内容が反映されるわけではないですし、登録が済んでも未だこのサイトが極めて見つけ難い位置にあることには変わりないのですが。
 そこはそれ、これはこれ。
「僻地にいる幻の変な生き物」的な位置付けのサイトとして、今後も細々運営していきたい心構えです。
posted by にくす at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

ぞろ目へのこだわり

 サイトの方に読み物をひとつ増やしました。
 いろは四十七文字分のお題を出して、その御題に沿った思い出話をしていこうという趣旨です。果たして四十七文字分続くのか、書き手が一番不安に思っているという心もとない企画であります。

 ちなみにここのところ珍しく更新に勤しんでいたのは、この読み物の公開を今日に合わせたかったからという理由があります。
 なぜなら今日は二十二日。
 サイト開設を七夕に設定して以来、どうも「ぞろ目の日に更新する」のが意味も無く気に入ってしまいまして。どうせ新しい項目を増やすなら、かねてよりそれはぞろ目の日にやりたいものだと思っていたのです。

 私に毎日の更新など土台無理だとこの三ヵ月で自覚したので、「いろは思い出」の方の更新は月に三回ほどの頻度を目標にしています。
 できればそれも「毎月一日と十一日と二十二日」に統一してみようかなあと目論んでいますが、さてさてどこまで続くやら。

 ともあれそんな決意表明でした。 
posted by にくす at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

準備の最中

 もう少し読むべきものを増やしてもいいかもしれませんねと考え、あちゃこちゃと各所を弄っている最中です。
 生来ののんびりさん故作業は蝸牛の歩みの体ですが、それもまた風情。

 その変更の一環として、毎日書かないなら日記とは呼べぬのではないかと認識を改め、タイトルを雑記に変えてみました。些細な事からこつこつと。
 
 ところでこのブログはサイトの一部として開設したものなのですが(ブログのみを御覧の方は、左上の「おうちに帰りたい」からサイトのほうに飛べます)そのサイトに表示される広告が、開設時はどうも妙なことになっておりました。
 規定では「ページ下部に一行表示」のはずが、サイトをアップロードしてみるとページの最上部にくっきりはっきり広告が。
 当方サイト作りは初心者ですし、機械の類には疎いため何がどうしてこのような表示になるのかさっぱり解らず、きっと私のサイトの創り方に何か難があったのでしょうと解釈し、一応忍者システムズさんの方に「どうしたらいいでしょうか」とお問い合わせしました。
 ですがお返事はいただけず、ああやはりこれは自分の力で何とかせねばなるまいと気持ちを新たにしていた所だったのです。

 ところが、近日サイトを久々に開いてみたところ、広告がきれいさっぱり消滅していました。
 忍者さんがこっそり何とかしてくれたのでしょうか。だとすれば無音のうちに仕事を遂げる手立てはいかにも忍びの者という感じで非常に素敵です。
 しかし一切の広告が消えてしまったのですが、いいのでしょうか。嬉しいですが。

(2004.10.22追記)このときはNetscapeでのみサイトを閲覧して「おお、広告が消えている!」と思い、感動のあまりこのような記事になったのですが、このあとIEでサイトを確認したら
 別に広告は消えていませんでした。
 相変わらず最上段に表示されているままなので、別に忍者さんが何かしたというわけでもないようです。とんだ早とちり。
 どうも忍者システムズのリニューアルに伴い広告の表示方法が変わり、私の場合はブラウザの設定で広告が見えなくなっていただけのようです。ちょっと残念。

 ちなみにその他にもIEだと若干表示が製作意図通りに行われない部分が見受けられましたが、まあ、とりたてて大きな不都合はないようなので「これも味よね」と解釈することにしました。お手持ちの環境での表示具合をお楽しみいただければ幸いです。
posted by にくす at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

心機の一転

 サイトの存在を思い出しました。
 折しも今日は十月十日、ぞろ目でなんだか縁起がいい。更新にはうってつけの日です。
 久々に何か書き込もうと考えましたが、とりたててお題を思いつきません。

 でも更新はしたいので、とりあえずこれまでに書いた文を大幅に削除してみました。
 ひどくさっぱりとした画面。

 更新すればする程内容が減っていくというのは、どうなんでしょう。

 
posted by にくす at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月07日

仮公開の開始

 そんなわけで、HPの仮公開をはじめました。
 「七夕にあわせて公開してみよう」という思いつきで突発的に作ったものなので、割とあれこれいいかげんです。
 構成とか。
 内容とか。
 サイトの名前とか。

 あれ、全部だ。

 大幅な改変も辞さない覚悟です。
posted by にくす at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サイトの更新について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。