2011年02月12日

メイリオ・行間の調整

やってみました
前回の記事でちょっと触れた、
「縦の空隙、横の幅、共に幅をMS UIゴシックに揃えたフォント」
を、作ってみました。
結論から申しますと、常用するにはちょっとなあ、な出来だったのですが、一応手順を記録しておきます。

※当初はいまひとつと思っていた方法だったのですが、MeiryoKe_UIGothicのみの行間を整えることで、十分使える方法になりました。
以下でご説明するのは、修正した手順です。


作り方
こちらの記事を参考に、ttfname3.exeをダウンロードしてきます。
・フォントフォルダからコピーしてきた
meiryoKeGothic.ttcを
ttfname3.exe
にドラッグ&ドロップ。
生成された
meiryoKeGothic.xml
の"Header"1カ所の値を、以下の通り書き換えます。

※meiryoKeGothic.xmlには、
「meiryoKeGothic」、「MeiryoKe_PGothic」、「MeiryoKe_UIGothic」
の、3種類のフォントのデータが入っています。
ここで書き換えるのは、一番最後の「MeiryoKe_UIGothic」の値のみです。
「Font(2)」というくくりを探すと、わかりやすいです。

初期値
  Ascender="1962"
  Descender="-446"
  TypoAscender="1798"
  TypoDescender="-250"
  WinAscender="1962"
  WinDescender="446"
  AverageCharWidth="1024"
  Codepage1="000a000f"
  Codepage2="00000000"

書き換え後
☆ Ascender="1731"
☆ Descender="-317"
  TypoAscender="1798"
  TypoDescender="-250"
☆ WinAscender="1731"
☆ WinDescender="317"
  AverageCharWidth="1024"
  Codepage1="000a000f"
  Codepage2="00000000"

(☆が書き換えた行です)

要は
1962→1731
446→317
の置き換えです。
数値は、meiryoKeConsole.ttfの値に合わせました。

書き換え後、書き換えたxmlファイルとmeiryoKeGothic.ttcファイルを、一緒にttfname3.exeにドラッグ&ドロップすると
meiryoKeGothic_mod.ttc
が生成されます。
これを
meiryoKeGothic.ttc
にリネームして、Fontsフォルダの元ファイルを退避させた上で新しいファイルを上書き、再起動すれば、行間が詰まったMeiryoKe_UIGothicを使うことができます。


使用感
で、これをMS UI ゴシックと置き換えて使用してみたところ、前回ボタンが消えていたアプリは正常に、かつメイリオ表示で使用することができました。
ブラウザなど、長い文章を読むアプリではMeiryoKe_PGothicを指定してやることで、行間の詰まりを感じずに閲覧ができます。

ちなみに、MeiryoKe_PGothicの行間を詰めてしまうと、ブラウザの表示は

ブログの画面キャプチャ
↑こんな感じになります。
好みの問題かとは思うのですが、私はどうも、元のMeiryoKe_PGothicのほうが好きかな、と。
でもシステムの表示を正確に、かつきれいに、というのも捨てがたいので、
MeiryoKe_UIGothic→行間を詰める=文章は読みづらいが、システムフォントとしてだいたい正しく表示される→システム用のみに使用
MeiryoKe_PGothic→行間そのままで、閲覧用に使用
という風に使い分けてみようという趣旨です。


ボールドフォントも入れ替え(蛇足?)
ついでですので、meiryoKeGothicB.ttcも同様にUIGothicの部分だけを書き換えて入れ替えました。
が、こちらは、Fontsフォルダの元ファイルを退避させようとすると、「使用中です」のエラーが出ました。
unlockerというソフトを使って、meiryoKeGothicB.ttcのロックを無理矢理解除、移動させて上書きさせましたが、外したプロセスが何かやっていたらしく、再起動するまでアプリケーションのタイトル部分が文字化けしていました。
この文字化けは、再起動すれば直りました。
同じことをする場合は、入れ替えたら即再起動できる状態でのトライをおすすめします。
なお、このボールドフォントがどこに使われているか/行間の違いで文字が崩れる問題が発生するのかどうか、については、実は未確認です。特にトラブルが起きないようなら、入れ替えなくてもいいのかもしれません;


フォント入れ替え後の設定
というわけで、現在のレジストリ設定は以下のようになっています。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes]
"MS UI Gothic,128"="MeiryoKe_UIGothic,128"
"MS ゴシック,128"="メイリオ,128"
"MS Pゴシック,128"="MeiryoKe_PGothic,128"
"MS Gothic,128"="メイリオ,128"
"MS PGothic,128"="MeiryoKe_PGothic,128"

↑ituneでMS Pゴシックが使われているため、あわせて置き換えを行いました。MS ゴシックはおまけです。
 今後、MS ゴシック、MS Pゴシックを使ったアプリで表示崩れが起きたら、これらのキー削除で対応するつもりです。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontLink\SystemLink]
"Lucida Sans Unicode"
"Tahoma"
"Microsoft Sans Serif"
の一番はじめに、それぞれ
="meiryoKeGothic.ttc,MeiryoKe_UIGothic"
を追加

↑行間の調整により、日本語文字が小さく表示される問題が解消し、欧文フォントはこの指定のみ(FontSubstitutesのキー追加なし)で表示可能になりました。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Console\TrueTypeFont]
"932."="MeiryoKe_Console"

前回の記事で追加した、コマンドプロンプト用のキーです。

[HKEY_USERS\.Default\Control Panel\Desktop]
"FontSmoothingType"=dword:00000002

↑起動時の「ようこそ」の文字にCleartypeを適用します。初期値は00000001

とりあえずこの設定でいこうと思います。
元に戻すには、あらかじめバックアップしてある初期値のレジストリを実行+上で追加したキー全削除+バックアップしてあるmeiryoKeGothic.ttcとmeiryoKeGothicB.ttcをFontsフォルダに上書き、という手順になります。


おまけ・itune
ituneのフォントを変える方法として、こんなのも見つけました。

未だにフォントが汚いiTunesのiTunes Storeのフォントを綺麗にする方法
(以下引用です)
方法は、まず、iTunesを閉じた後に「C:\Program Files\iTunes\iTunes.Resources」の「iTunes.css」をテキストエディタで開きます。開いたテキストの最後に以下のテキストをコピペ。上書きします。
*{ font-family:'メイリオ',Meiryo !important; }
↑メイリオフォントの場合。
*{ font-family:'meiryoKe_PGothic'!important; }
↑meiryoKe_PGothicフォントの場合。
ただし、*が大文字なってますので、コピペした後*を小文字に変更するのをお忘れなく。
(引用ここまで)

この方法だと、ituneのアップデートごとにCSS編集を行う必要はありますが、フォント置き換えができない場合は、便利なテクニックだと思います。ということで覚え書き。


それにしても
私はメイリオが好きすぎます。

(2011/02/13 0:26 記事を大幅に修正)
(2011/02/13 22:51 meiryoKeGothicB.ttc書き換えについて追記)
posted by にくす at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | PCあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メイリオ設定の変更

お久しぶりです
3年前の記事で書いたように、XPのPCにメイリオを入れて使用しています。
3年ほどこの設定で使っていて、特に問題もなく過ごしていたのですが、今回、その設定を一部見直しました。


なぜかというと
Logitecの無線LANアダプタ、LAN-W150Nに付属の「クライアントユーティリティ」(APユーティリティ)というソフトを入れたところ、一部のボタンが正常に表示されないという問題が起きたのです。

APユーティリティ
↑正常な起動画面。通常は右下に表示されている、「初期値」「キャンセル」「適用」などのボタンが、

APユーティリティ(MeiryoKe_UIGothic適用)
↑消えてしまっています。

これでは、無線LANの暗号化ができません。


どうしてこうなるの?
こちらの記事の例示に詳しいのですが、純正メイリオ及びMeiryoKe_シリーズ(Console除く)は、上部、下部の隙間(アセンダ・ディセンダ)がMSゴシックシリーズよりも大きいのです。
そのため、標準フォントの使用を想定して作られたアプリでは、表示が崩れることもあります。
(とはいえ、ボタンが消えてしまうほど大きく崩れたのははじめてで、びっくりしました)


対策
2つの対策が考えられます。

1【レジストリでシステム系のフォントを変更しない】
画面のプロパティの設定+各アプリのデフォルトフォントをメイリオにするだけで留めておけば、こういった問題は発生しません。

2【上下の隙間を調整したフォントを使う】
上部、下部の隙間がMSゴシックシリーズと等しい、MeiryoKe_Consoleで置き換えてみました。
レジストリに、以下のキーを追加。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes]
"MS UI Gothic,128"="MeiryoKe_Console,128"

すると、こうなりました。

APユーティリティ(MeiryoKe_Console適用)
↑MeiryoKe_Consoleでの表示。ボタンは表示されました

いい感じ…と思いきや、上の「チャンネル」の文字がなんだか変?
別のタブを開くと、こんな感じになっていました。

APユーティリティ(MeiryoKe_Console適用)
↑横方向に文字が大きすぎ?字間が広すぎ?て、文字がすべて表示されていません

ちなみに、MeiryoKe_UIGothicの場合は、この画面はきちんと表示されます。

APユーティリティ(MeiryoKe_UIGothic適用)
↑きれいに表示

このアプリで使用を想定されているのはMS UIゴシックなので、
・MS UIゴシックと縦幅が同じで横に広いMeiryoKe_Console=横に文字がはみだす
・MS UIゴシックより縦幅が広く横は同じのMeiryoKe_UIGothic=縦に文字(ボタン)がはみだす
わけですね。
さきほどの記事を再確認すると、一目瞭然でした)

でしたら、縦の空隙、横の幅、共に幅をMS UIゴシックに揃えたフォントを作ってやればよいわけです。
こちらの記事によれば、フォントごとのアセンダ、ディセンダを変更することもできるようなので、それを使ってMeiryoKe_UIGothicの上下幅をMS UIゴシックに揃えて設定すれば、きれいな表示ができる、はずです。

はずですが、なんとなくフォント作りは見送りました。
ちょっと手間かなあ、とか、その調整でMeiryoKe_UIGothicの可読性が低くなったりしないかなあ、とか、そんな理由です。
(その後、やってみました。結果はこちら

※ちなみに、こちらで紹介されている&前記事コメントで教えていただいた「メイリオ改」は、上下幅はMeiryoKe_シリーズと同じで、横幅は純正メイリオと同じ(=MS ゴシックシリーズより広い)ものとのことですので、今回の用途には不向きと思われます。


最終的に取った方法
以上を踏まえて、今回は

・FontSubstitutesでMS UIゴシックを置き換えるのはやめておく
・その上で、問題なさそうなところだけ置き換えてみる

という方法を取ることにしました。

一旦、前回の記事で置き換えたところを初期状態に戻した上で、以下のキーを追加します。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontLink\SystemLink]
"Lucida Sans Unicode"
"Tahoma"
"Microsoft Sans Serif"
の一番はじめに、それぞれ
="meiryoKeGothic.ttc,MeiryoKe_UIGothic"
を追加

※Tahomaを設定するだけでも、結構な場所のフォントが変わる気がします。
このキーを追加すると、タスクバー、フォルダを開いた際の左側メニューなど、あちこちの文字がメイリオに変わります。
これだけだと、一部の文字が小さく表示され、見づらい状態です。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes]
"Tahoma,0"="MeiryoKe_UIGothic,128"
"Microsoft Sans Serif,0"="MeiryoKe_UIGothic,128"
"Lucida Sans Unicode,0"="MeiryoKe_UIGothic,128"
を追加

これで、Windows内で見えるところのフォントはだいたいMeiryoKe_UIGothicに変わります。
アプリ内は、特に設定しない限り、アプリが指定しているフォント(MS UIゴシックなど)で表示されます。

「FontSubstitutesの設定より、FontLink\SystemLinkの設定が優先される(らしいです、未実験)」
「FontLink\SystemLinkのみで設定すると、フォント変更は効くものの表示がいまいち」
ということで、こういう追加にしてみました。

※別解
こちらの記事によれば、FontSubstitutesのキーを追加+FontLink\SystemLinkの既存のキーを削除、でも同じ効果が得られるようです。
私はなんとなくの好みで、キーの削除なしで、追加のみにしてあります。


おまけ
こちらの記事を参考に、コマンドプロンプトにもMeiryo_KeConsoleを設定できるようにしてみました。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Console\TrueTypeFont]
"932."="MeiryoKe_Console"

を追加。再起動後、コマンドプロンプトを立ち上げて左上をクリック→「プロパティ」で設定→「同じタイトルのウインドウに適用する」で、次回起動からも有効になります。


まとめ
メイリオの設定をしたのはずいぶん前のことでしたので、忘れていることも多く、他サイトさんの記述に助けられながらの作業となりました。ありがとうございました。
もう語り尽くされているテーマのような気もしますが、備忘録的に置いておきます。
posted by にくす at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | PCあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

桃色機械の故障と愛情

 2006年の4月に購入したトラックボール、Orbit Optical Pinkが、急に故障してしまいました。
 考えてみたら購入後、4年以上ほとんど毎日使ってきた機械です、さすがに疲れてしまったのかなあと思いつつ保証書を確認したら、販売元の七陽商事さんで、5年間は無料保証が受けられるとのことで、日曜にウェブサイトから問い合わせを入れたら、月曜日の朝一番に交換対応の旨返信をいただき、こちらから故障品を送って2日後には交換品が手元に届きました。
 対応の早さと丁寧さに、びっくりです。

 ピンクは限定色で、現在は販売されていない製品のため、交換は違う色の製品になってしまうかなあ、と心配していたのですが、ちゃんと、故障品と同じピンク色の製品を送っていただきました。
 交換用の在庫を、ある程度残されていたのでしょうか。
 この色は気に入っていたため、とても嬉しく思いました。

 5年間使われることを前提に製品を販売するというのは、なかなかできることではないような気がします。
 メーカーさんからの、ユーザーへの思いやりと、製品への愛情を感じて、なんだか幸せな気持ちになりました。

 交換されてきた桃色機械、もちろん大事に使っています。
 これまで以上に、この機械が好きになりました。

 なんであれ、好きになってもらうというのは簡単なことではなくて、それでいて、とても大事なことだと思うのです。
 桃色機械の送り手さんたちは、その難しいことを実践しているように見えました。

 私も何かの送り手になるときには、そのようにありたいと思います。



posted by にくす at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

最近のこと

 ごぶさたでした。
 挫折したり、お仕事を辞めたり、しょんぼりしたり、ひきこもったり、髪を切ってみたり、旅行に出たり、おいしいものを食べてぽっちゃりしたり、ヨガをはじめてさっくり痩せたりしておりました。
 幸い、環境に恵まれており、当面のところささやかに生活する分には勝手向きに困っておらず、家事も上達して、質素に暮らす術を身に付け、なんやかやとおいしいものを作ったり、猫を愛でたり、身体を鍛えたりして日々を満喫する、視力と姿勢と体型ばかりが無駄に良い無職、という、なんとなく腹立たしい生き物が仕上がりつつあります。

 社会的な価値はさっぱり無い感じの現状ですが、私の猫は、一緒に過ごす時間が増えて、非常に嬉しげにしてくれています。
 幸せ、なのだと思います。
posted by にくす at 21:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

生存のご報告

 ごぶさたしております。

 また居場所を変えました。
 相変わらずの放浪癖です。

 あまりメールやブログのネットワークに繋がっていませんでした。
 直接面識のある方々、メールも返せずに申し訳ないことになっています。すみません。
 生きております。

 そう、ひと月ほど前に運転免許を取得しました。
 おそろしいことです。

 今はお仕事で、ものづくりをさせていただいています。
 文章を書いています。

 お仕事に時間を使っていて、自分のブログに使う時間が取れない状態です。
 だけれど、書いています。
 今も、ここではない場所で、書いています。

 作っていれば、こちら側に立っていれば、あなたと繋がっていられるのだと思っています。
posted by にくす at 02:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

バレンタインの勇気

 今年のバレンタインデーは、お菓子作りに挑戦しました。

 やはりある程度の社会性をもって生きていこうと思えば、便乗したほうが政治的に好ましいイベントというのもあろうかと思ったのです。
 あまり器用なほうではありませんが、簡単なお菓子作りであればそう大きな悲劇は生まれまいと思ったのです。

 そういうわけで、作ってみました。
 家族に試食してもらいます。

「はい、おやつ。どうぞ」
「わあ、これは、ええとこれは、何?」
「とりあえず、見た目はマドレーヌ」
「見た目はって……」
「まあ、害のあるものは入れていません、ご安心を」
「うーん、いただきます……ああ、クッキーだったんだ」
「クッキー?……ああ、なるほど、堅い」
「まあ、おいしいよね。堅いけど」
「堅くなる予定はなかったのだけれど」
「あれ、これ、クッキーじゃなかったの?というかこれ、何なの?」
「予定ではカップケーキができるはずでした」
「……確かにクッキーじゃない感じだけれど、かといってこれはマドレーヌでもないけれど、つまりなんだかわからないけれど、多分これ、カップケーキではないよ?」
「おかしいなあ、どこかで全く異質のものに変貌してしまった」

 ときどき私の料理は錬金術のようなことになります。

「ところでこれは、今年も各所からチョコレートをいただいたから、お礼にと思って作ったものなのだけれど」
「これ、ひとにあげるの?」
「うん、でもこれ、ひとに差し上げてよいものだと思う?」
「……頑張れば食べられる、かな」
「頑張りを要求する時点で、贈り物だか暴力だかわからなくなってしまうなあ」

 そういうわけですので、今年のバレンタインデーに私から何も贈り物がなかったとしょんぼりしていらっしゃる方におかれましては、何もなかったことがむしろ僥倖であったのだとご理解ください。
 贈り物をすることよりしないほうが優しさになることもあるのだと思います。
 手作りしたなにかをあえてお渡ししない勇気。

 なお、作ったなにかは概ね自分のおやつにしました。
 あごが丈夫になった気がします。
posted by にくす at 21:03| Comment(4) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

同級生の消息

 ふと思い立って、かつての同級生の名前を検索してみました。

 名字を入れるだけでGoogleの予測変換にフルネームが表示されました。
 はてなキーワードに名前が登録されていました。
 ネット上では、ちょっとした有名人になってしまっていました。

 検索結果を軽く巡るだけで、その子が卒業後どうしていたのかをある程度知ることができてしまいました。

 その子は、その業界では大手の組織に入り、有名な作品の美術に携わっておられました。
 それがあるとき自分のサイトで不用意な発言をしてしまい、匿名掲示板等で批判されることになりました。行きすぎた批判者によって一時はお住まいや勤務先を調べ回ったものまで掲示板に書き込まれる、いわゆる「晒し」にあっているような状態であったようです。
 今はサイトも閉鎖されていて、現在その子自身が自分の名前でネットに掲載しているものはありません。
 残っているのは第三者による、該当の発言とそれへの非難の記録だけです。

 その子がどんな子であったのか、よく覚えていません。
 そう親しくはありませんでした。
 その子も私のことを覚えていないと思います。

 ただ、その子の作品が好きでした。
 繊細な線を、丁寧な作業を、手の癖を覚えています。
 気負いも衒いもなくさらりときれいなものを描く様子に、天賦の才能というものはたしかに実在するのだと思い知らされました。

 どのような軽率な発言があったとしても、私はその子の作品が好きでしたし、今でも好きです。

 ネット上の記録に、発言についての批判はあっても、それに乗じて作品に対する評価を不当に下げるようなものがなかったことに安心しました。
 作品の価値と創作者の人格を関連付けすることに意味はありません。
 もとより、表現者に人格などないのです。

 断片的に、ネット上に残っていたその子の作品を見ました。
 相変わらずよいものを作っておられました。
 ひとに見られるに足る、愛されるに足るものたちだと思えました。

 顔も性格も覚えていません。
 興味がなかったのかもしれません。

 それでも作品を覚えています。

 きっともう会うこともない子です。
 その子がネット上に名前を上げることも、もうないかもしれません。
 だとしても。

 どこかで描き続けていて欲しいと思います。
 描いている限りは、どこかで繋がっているのだと思えます。
 それは勝手な思い込みかもしれませんが、ただの感傷なのかもしれませんが。

 描き続けていて欲しいと思います。
 あなたの描くものが、好きでした。
posted by にくす at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

メールアドレスの変更

 近しい方々へ。
 そう遠くないうちに、メインのメールアドレスを変更します。
 しばらくはこれまでのアドレスからの転送をかけて、併用する予定です。
 乗り換えの目処が立ち次第、ぽちぽち新しいアドレスをお知らせします。
 よろしくお願いいたします。
posted by にくす at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

退職のお知らせ

「仕事辞めました」
 というような刺激的なタイトルで日記を書いて、
「嘘です☆読んだひとはこの質問に答えてね」
 というような文章を読ませる形式の、日記バトンという習慣があります。

 ですので最近、どうもそういうタイトルの日記を見つけると疑い深くなってしまいます。
 また嘘なんじゃないかなあ、と。

 このタイトルを読んだあなたも、同様の疑いを持たれたのではないでしょうか。
 残念ながら本件は事実です。

 本日、今の職場に退職願を出しました。
 昨日別会社からお誘いをいただき、転職を決めてからの措置です。
 公演期間中に転職が決まるとは思っていませんでした。

 往々にして、事実は嘘より嘘っぽいものです。
posted by にくす at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

家出のお知らせ

 また近しい方々へのお知らせです。
 10月前半月、舞台出演のため自宅を離れます。
 音信不通の状態が増えますが、ご容赦ください。

 放浪しがちなひきこもり、という珍しい生き物が誕生しつつあります。
posted by にくす at 01:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。